弁護士へ相談するメリットは?

金銭の消費貸借契約ですが、これ自体は重い法律行為となっています。また、借りる側ですが、貸す側だけでなくて関係の無い第三者からも信用性が問われたりします。そのため、期日前あるいは期日には、借りた額だけでなく利息に関しても誠意をもって返済しなければなりません。

貸した人ですが、法律に関する知識を持っていなければ借りる側との間で揉め事が起こるのは必至といえそうです。揉め事が生じたときですが、法律知識に乏しかった場合、大抵は弁護士等の法律の専門家に依頼する事となっています。

弁護士事務所に対して、債権問題に関する法律相談をする場合ですが、大抵の事務所では「初回の法律相談は無料となっています。お気軽にどうぞ」としているようです。また、法律相談ですが、これ自体は弁護士に対して報酬を支払う事になっています。

法律相談をする場合ですが、30分で五千円としている法律事務所が多いです。因みに、「法律事務所」ですが、これは弁護士が在中している事務所となっており、弁護士がいないのに法律事務所の看板を出すのはれっきとした違法行為となっています。司法書士が運営している事務所であれば、「法務事務所」としますが、「法律」という文言を入れると間違われたりするので注意をしなければなりません。