自分で債権回収するメリットは?

金銭の消費貸借契約を締結している場合、貸主が必要に応じて金銭を貸す際に担保の提供をする事は可能となっています。商売人が商売人に対して金銭を貸す場合、借主の所有物を提供する事を条件に金銭を貸す行為をしたときにおいて、借主が金銭を期日までに返済できなかった場合は商法上においては所有物を換金しても構わない事になっています。質流れ契約であり、これは民法上、要するに当事者同士が非・商売人の場合は違法行為となります。質権設定ですが、質屋営業の適用を受けていなくても、商売人同士であれば質流れをしても良いとされています。

非・商売人同士が金銭の消費貸借契約を締結した場合において、質権設定をしたときは、返済期日になった場合において貸主が借主の所有物を処分できるようになっています。家を購入した人が銀行に対して、ローンを設定した場合において購入者が返済が困難となってしまったときに銀行が家を債権回収に充てるという抵当制度に関しても、非・商売人同士であっても自由に設定はできるとされています。

債権回収ですが、貸す側としては法的な知識が在れば自分で行っても構わないかもしれません。返済の期日が到来したにも関わらず、借主が返済をしない場合においては話し合いをしたり、それでも困難な場合は訴訟をしたり弁護士等の専門家に依頼するのも良いかもしれません。