債権回収のギモン

貸金業者から金銭を借りた場合、借りた人は必ず金銭を利息付で返さなければなりません。借りた金銭を返さない行為ですが、法律上は違法行為となるだけでなく、借りた人の人間性が問われる事になりかねません。ただ、貸した側ですが、金銭の消費貸借契約を締結する場合、借主に対して借用証書を出す等の行為をする必要があるでしょう。

金銭消費貸借契約ですが、これ自体は借りた側に関しては信用力が問われる法律行為となってきます。貸金業法の適用を受けている消費者金融業者等であれば、契約書だけでなくて借用書を出す事は当然といえます。また、貸金業法の適用を受けていない個人等(商売人や全くの一個人を含みます)であっても、信用力が問われる法律行為となるので借用証書を出す事が普通となっています。

借用書ですが、万一、借主が債務不履行になった場合において債権回収をする際の法的根拠となってきます。債権回収ですが、この行為に関しては、貸した側が文書で督促を行ったりするのが一般的となっています。また、債務不履行になった場合においては、貸主は相手方である借主に対して債務不履行に因って生じた損害を賠償できる権利も在ります。

債権回収という行為ですが、基本的には借主に対して請求を行うのが一般的です。請求方法ですが、内容証明郵便を用いて請求書を送ったりするのが普通とされています。また、借主の居住している住居や、勤務している会社に連絡を入れる行為ですが、後者に関しては注意が必要となります。強引な取立てですが、これ自体は違法行為となってしまいます。